中性脂肪を下げる魚や大豆を食べよう

青背魚は中性脂肪を下げる

青背の魚に豊富に含まれているEPA(エイコサペンタエン酸)や、DHA(ドコサヘキサエン酸)などの不飽和脂肪酸には、血液が固まるのを防ぎ、サラサラにする働きがあります。
 
不飽和脂肪酸は、人の体内で合成できない脂肪酸で、青背の魚のほか、野菜や大豆などにも含まれています。

EPAとDHAは、それぞれのもたらす効果には特徴がありますが、基本的には同じ作用を持ち、似たような働きをします。

DHAの効果

・がんの発生を予防する
・LDL(悪玉)コレステロールを減らす
・中性脂肪を減らす
・アレルギー体質を改善する
・脳を活性化し、記憶力や判断力を高める
・視力を回復する

EPAの効果

・HDL(善玉)コレステロールを増やす
・中性脂肪を減らす
・血栓が作られるのを予防し、血液をサラサラにする
・血管の弾力性としなやかさを保つ

こうした効果は、EPAとDHAに、肝臓での中性脂肪の合成を抑えたり、中性脂肪を全身に運搬する役目を果たしているリポタンパクの合成を抑える働きがあることによります。

EPAやDHAを豊富に含むのは、さば、いわし、さんま、あじなどの青背魚です。

脂肪分の少ないかれい、たら、たいなどの白身魚もよいのですが、中性脂肪が気になる人は青背魚を積極的にとりましょう。

画像の説明

EPAは血栓を防ぎ血液をサラサラにする

動脈硬化が起こる最大の原因は、血栓によって血管がつまってしまうことあります。
 
血管の内壁にちょっとした傷ができると、そこにコレステロールがたまります。

それが引き金になって血小板が集まり、血液が固まり血栓ができます。

そうなると、動脈硬化が進んでしまいます。

しかし、EPAは血液が固まるのを抑え、血液をサラサラにしてくれる効果があります。

つまり、EPAを摂取することで血栓ができるのを防ぎ、血液をサラサラにしてくれて、動脈硬化を予防できるということです。

EPAやDHAは、さば、いわし、さんま、あじなど青背の魚に多く含まれています。


青背魚をとるときには大豆製品といっしょに

画像の説明画像の説明

大豆や大豆製品は、良質のたんぱく源です。
 
さらに、大豆に含まれている大豆サポニンには、中性脂肪を減らして善玉コレステロールを増やす働きもあります。

大豆サポニンには、青背魚に含まれているEPAの酸化を防ぐ働きもあるので、青背魚と大豆製品をいっしょにとるとさらに効果的です。

そのようなことから、大豆や大豆製品は毎日でもとりたい食品です。

大豆製品といえば豆腐です。

冷ややっこや湯豆腐にしてそのまま食べるもよし、みそ汁の具にしてもいいでしょう。

大豆製品は豆腐以外にも、納豆、おから、豆乳などバリエーションが豊富ですから、毎日の食事にとり入れたいものです。