中性脂肪を減らすアディポネクチンとは

アディポネクチンとは

内臓脂肪の蓄積は、生活習慣病の発病と大きなかかわりをもっています。

そんな悪いイメージの内臓脂肪ですが、近年の研究により、中性脂肪の貯蔵組織である脂肪細胞が、いくつかのホルモンを分泌していることがわかってきました。
 
脂肪細胞から分泌されるホルモン(生理活性物質)を総称して、アディポサイトカインといいます。

アディポサイトカインにはいくつかの種類がありますが、それらは、いわゆる「善玉」と「悪玉」に分類することができます。

その善玉アディポサイトカインの一つに、アディポネクチンがあります。
 
アディポネクチンとは、脂肪細胞から分泌される善玉ホルモンの一種で、人間の健康維持に最も重要な役割を持つとして、今、世界中の研究者が注目している物質です。

そのアディポネクチンには、中性脂肪を減らす働きがあります。

アディポネクチンの主な働きは、

・中性脂肪の減少
・コレステロールの低減
・抗炎症作用
・動脈硬化の抑制作用
・高血圧の予防
・血栓の予防
・インスリン感受性の促進作用

など、いくつもの有益な作用があります。

つまり、高中性脂肪血症を含む各種生活習慣病の正常化や予防に役立つ物質なのです。
 

アディポネクチンの活躍には内臓脂肪の減少が不可欠

中性脂肪の減少に大きな効果を持つアディポネクチンですが、アディポネクチンは内臓脂肪の蓄積が多くなると、分泌量が減るという性格があります。
 
内臓脂肪型肥満の状態が酷いほど、その分泌量は減少するということです。

高中性脂肪血症の治療を進めるうえで、アディポネクチンの作用をできる限り活用したいものです。

それには、まずは内臓脂肪を減らすことが先決問題となります。

過剰な内臓脂肪を正常化することで、高中性脂肪状態の改善にも繋がるということです。