中性脂肪値が高い人は、超悪玉コレステロールが多い

中性脂肪が増えると(善玉)HDLコレステロールが減る

中性脂肪の増加と善玉・悪玉コレステロールの減少・増加には、相関関係があります。

まず、中性脂肪が増えると、(善玉)HDLコレステロールは減るという反比例の関係があります。

内臓脂肪が増加すると中性脂肪も増加するのですが、そうすると(善玉)HDLコレステロールは減少してしまいます。

HDLコレステロールは、動脈璧にこびりついた余分な脂質を肝臓へ連れ戻してくれるコレステロールですから、減少すると動脈硬化の危険性が高まってしまいます。


中性脂肪は(悪玉)LDLコレステロールだけでなく、超悪玉コレステロールを増やす

もうひとつ注意が必要なのは、中性脂肪が増えると悪玉のLDLコレステロールを増加させる結果になることです。
 
さらに、最近の医学で問題となっているのが、高中性脂肪血症の人の場合、LDLコレステロールの大きさが普通よりも小さめになることがわかってきました。

これをスモール・デンスLDLと呼びます。

小型LDL、つまり粒の小さいLDLコレステロールのことです。

コレステロールには善玉といわれるHDLコレステロールと、悪玉といわれるLDLコレステロールがあります。

その悪玉であるLDLコレステロールには、粒が大きいものと粒が小さいものの2種類があります。

粒が小さいものを、「小型LDL」、あるいは「スモール・デンスLDL」といいます。

この小型LDLは、粒が小さいゆえに血管の壁に入り込みやすく、壁にたまりやすいといった特徴があります。

なので、動脈硬化の危険性をより高めてしまいます。

悪玉を超えた、超悪玉コレステロールと呼ばれるのもこうした理由からです。


超悪玉と呼ばれる小型LDLは、どんなときに増えるのでしょうか?

画像の説明

生活習慣病をいくつかあわせ持っているメタボリック・シンドロームの人は、小型LDLが多いことがわかっています。

総コレステロール値は高くなくても、

・中性脂肪値が高い
・善玉であるHDLコレステロール値が低い

という状態の時に、小型LDLは増えていきます。