尿酸値が高くなる原因はこれです

尿酸値が高い原因

痛風の原因である尿酸値が高い原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

尿酸値は様々な原因で高くなりますが、尿酸が過剰にできてしまう「尿酸産生過剰型」と、排出が悪くて体内にたまってしまう「尿酸排出低下型」と、尿酸が過剰にできて排出が悪い「混合型」の3つのタイプがあります。

日本では、尿酸産生過剰型が全体の60%を占め、尿酸排出低下型が10%、混合型が30%の割合になっているようです。

遺伝や生活習慣などの様々な原因が関係しているものと考えられていますが、尿酸値が高くなる原因は以下のものがあげられます。

・肥満

画像の説明

肥満は尿酸値が高くなる大きな原因の1つです。

肥満になると、腎臓からの尿酸が排出されにくくなります。
 
また、合併症が引き起こされてしまう原因にもなります。

肥満の人がダイエットを行うと、尿酸値も下がることが確認されているほどです。



・過食

画像の説明

食べすぎると、体内で尿酸を多く作ってしまう原因になります。

過食に注意し、標準体重を目標に減量するようにしましょう。



・アルコール

画像の説明

アルコールは体内で分解される時に尿酸が作られるので、どんな種類のお酒でも尿酸値を上昇させます。

また大量の飲酒が続くと、腎臓の尿酸排泄機能が低下することも分かっています。

アルコールの中でもビールは、プリン体の含有量が他のアルコールよりもずば抜けて多いため、注意が必要です。



・激しい運動

画像の説明

有酸素運動などの体に負担をかけない適度な運動は、尿酸値に影響しませんが、無酸素運動などの激しい運動は、尿酸値を上昇させます。

激しい運動をするスポーツ選手に痛風が多いのも現状です。



・ストレス

画像の説明

ストレスが血圧を上げることはよく知られていますが、実は尿酸値を上げる原因にもなっているのです。

そのメカニズムはまだはっきりとは解明されていませんが、様々な調査から確認されているようです。

ストレスはうまく発散させるようにしましょう。


尿酸値が高い状態を放っておくとどうなる?

尿酸はもともと体内にある物質ですが、溶けきれずに結晶化が起こると体にとって有害な存在になります。

高尿酸血症と指摘されたら、体内では尿酸が結晶化している可能性がありますので注意が必要です。

今、特に症状がなくても、尿酸値が高いまま放っておくと、体内では徐々に尿酸の結晶が沈着していき、いずれ痛風発作を起こすことになります。

特に尿酸の結晶がたまりやすいのは、関節です。

そして発作が起きてもさらにそのまま治療もしないでいると、多くの人は痛風発作を繰り返し、慢性化していきます。

なので、健康診断などで尿酸値が7.0mg/dlを超えたら、高尿酸血症と判定されると思いますので、対策をしていかなければなりません。


進行すると

高尿酸血症の状態を放っておくと、血液中に溶けきれない尿酸が関節に結晶となって蓄積し、痛風発作を引き起こす原因になります。
 
この高尿酸血症から痛風へと進行する過程は、次の3期に大きく分けて考えられます。

1無症候性高尿酸血症期
2間欠性痛風発作期
3慢性結節性痛風期
 

1無症候性高尿酸血症期

尿酸値は高いが、全く症状がない、痛風の準備段階の時期です。

尿酸値が正常値の7.0mg/dlを超えても、すぐに痛風などの自覚症状が現れるわけではありません。



2間欠性痛風発作期
 
痛風発作が1度でも起これば、この時期に入ったと考えられます。

1度目の発作は数日から1週間程度で、何事もなかったかのように治まります。

発作がおさまれば、次の発作までは全く症状がありません。

しかし、尿酸値の高い状態を放置しておくと、2度目、3度目の発作を起こすことになります。



3慢性結節性痛風期

常に発作が起きているような状態で、尿酸の結晶が体のあちこちに沈着して、こぶ状の痛風結節ができるようになります。

そのほかにも、腎臓障害を起こしたり、さまざまな合併症を引き起こす危険性が高くなります。

画像の説明


尿酸値が高い状態を放置しておくと引き起こす合併症

・痛風結節

尿酸の結晶が皮下組織に徐々に沈着して、かたまりができる。

ひじや手の甲、耳たぶなどの体温の低いところにできやすい。



・関節炎(痛風発作)

尿酸の結晶が関節内にたまって、あるとき突然、腫れや激痛を伴う関節炎を起こす。



・腎障害(痛風腎)

尿酸の結晶が腎臓に沈着して、腎臓の働きが低下する。

障害が進むと腎不全を起こし、透析が必要になることもある。



・尿路結石

尿が酸性に傾いて、尿中の尿酸やミネラル成分が溶けにくくなり、結石ができる。