痛風の原因はやっぱり尿酸値?

痛風は発作が起こると我慢できないほどの激痛を伴います。

なんと表現したらいいのか、とにかく痛みの中では最強クラスです。

経験したことのある人なら、あの痛さがどれほどのものかがわかると思います。

しかし、経験したことがない人にとっては、どこか他人ごとのように感じているのかもしれません。

その発作はある日突然やってくるので、起こるまではなんの自覚症状もありません。

健康診断で尿酸値が高めという結果が出たら、注意が必要です。

画像の説明

尿酸値が高い状態を放置しておくと、痛風を引き起こす危険性が高くなります。

尿酸値の基準値は7.0mg/dlまでで、これを超えると異常で、高尿酸血症ということになります。

7.0mg/dlまでは血液中で尿酸は溶けます。

しかし、これを超えると血液中に溶解しきらずに、余った尿酸が体内に蓄積されてしまいます。

これが結晶化すると、痛風を引き起こしやすくなるのです。


尿酸ってなに?

体内で「尿酸」が増え続けて限界を超えると、あの激痛を伴う痛風が起こります。

尿酸は、細胞の新陳代謝に伴ってできる老廃物のことで、わかりやすく言うと、古い細胞が分解されてできる残骸(ざんがい)のことで、エネルギーの燃えカスみたいなものです。

画像の説明

私たちが生きている限り、体の中でつくられ続ける物質です。

古い細胞が死んで、新しい細胞に生まれ変わることを代謝と呼びます。

細胞が新陳代謝により、古い細胞が分解されたときに放出されたものがプリン体です。

また、激しい運動などをするときに、筋肉や脳や内臓などを動かすエネルギーとなる「ATP(アデノシン三リン酸)」という物質にもプリン体が含まれます。

したがって、激しい運動をするとエネルギーが燃やされて、その燃えカスの中にプリン体が含まれています。

プリン体はこのほかにも、私たちが普段食べている食品の中にも含まれています。

体内でつくられたり、食べ物から取り込まれたプリン体が、肝臓で分解されると、尿酸がつくられます。

そして尿酸は、血液とともに腎臓に運ばれ、主に尿として排泄されるのです。


尿酸とは、人間が生命活動を行ったあとにできる老廃物というわけです。

私たちの体の中では、毎日尿酸がつくられ、尿や便とともに排泄されます。

しかし何らかの原因で、生産と排泄のバランスが崩れると、血液中に尿酸が増え過ぎて溶けきれなくなり、結晶化してしまいます。

この結晶が大量にたまると、激しい痛みを伴う痛風が起こるのです。


尿酸値が高いとどうなるのか?

健康診断や人間ドックなどで「尿酸値が高い」と指摘されても、元気だし特に体のどこかに不調があるわけではない。

なので、どうもピンとこないという人が多いと思います。

画像の説明

実際のところ、尿酸値が高くても、自覚症状がなく、普段の私生活になんら問題はありません。

だから、そのまま放置している人もいると思います。

しかし、それは間違いです。

そのまま放置しておくと、後に突然、痛風を引き起こします。

尿酸値が異常に高くなった状態を「高尿酸血症」といいます。

激痛の発作で知られる痛風の予備軍ともいえるのです。

痛風の発作が起こるのは突然ですが、その根本にあるのは高尿酸血症の状態を続けているからです。

痛風は昔の日本人にはまれな病気と考えられていましたが、近年増加傾向にあり、現在では、成人男性の5人に1人が痛風予備軍ともいわれています。


痛風になると

痛風は体内にたまった尿酸が結晶化して、関節などに蓄積し、炎症を引き起こす病気です。

ある日突然、激しい痛みが起こるのが特徴です。

痛風の痛みが起こるのは足の親指のつけ根が最も多く、全体の70%がこの箇所です。

その他の箇所では、くるぶしやアキレス腱、膝、親指以外の足の指のつけ根など、やはり足に多いのも特徴です。

ごく稀に、手の指やひじなどに起こることもあるようです。

患部は赤くはれ上がり、あまりにの激痛で歩くこともできない状態になります。

人によって違いはありますが、痛風の痛みは1週間ぐらいで消えます。


しかし、痛風の痛みが消えても深刻な合併症の危険が・・・

ひとたび痛風発作を経験すれば、その激烈な痛みに、自分が病気をもっていることはいやでもわかります。

しかし、痛風発作は1週間ほどすると自然におさまるため、そのまま放っておく人も少なくありません。

痛風は一時的に激しい痛みはあっても、しばらくすると不思議なくらいにさっぱりと消えていきます。

だから、「あ~よかった。楽になった。治った。」と安心して、そのままにしている人がいます。

しかし、関節の激痛は消えても、病気がなくなったわけではないのです。

治療もせずに同じ生活を続けていたら、また発作は起こります。

痛みがなくても、尿酸値が高い状態が続いていれば病気は進行し、さまざまな合併症を起こします。

代表的なのが尿路結石や腎障害です。

痛風というと関節の病気と思われがちですが、じつは痛風の本当の怖さは、こうした合併症にあります。
 
痛風発作は、いくら激痛といっても命にかかわることはありません。

しかし、尿路結石や腎障害になると、「たかが足が痛くなる病気」では片づけられなくなります。

このようなことにならないために、尿酸値が高い人は下げるように努力しなければなりません。

では、尿酸値が基準値の7.0mg/dlを超えたら、すぐに薬物療法などを開始しなければならないのでしょうか。

7.0mg/dl以下であれば、今のところ問題ありませんが、これを超えたからといってすぐに尿酸が結晶化して、痛風を引き起こすわけではありません。

なので、すぐに薬物による治療を始めたりする必要はないのです。



しかし、生活習慣の改善は必要です。

食事を改善したり、アルコールを控えるなどして尿酸値を下げて、正常値内におさめるように努力しなければなりません。

なぜなら、尿酸値が高い状態を放置しておくと、痛風を引き起こしやすくなるからです。



とは言っても、なかなか急には今までの食生活を変えるのは難しいところもあります。

毎日、尿酸値を下げる食べ物を気にして食べるようにするのは大変です。

好きなアルコールを全く飲まないようにすると、逆にストレスもたまって、尿酸値が上がりそう。

別の病気にもなりそう。

そんなふうに思う人も多いと思います。



そこでもっと手軽に尿酸値を下げるのにおすすめなのがサプリメントです!

サプリメントなら毎日決まった量を、すきなタイミングで摂取するだけです。

食事の内容を少し今までより気を使って、アルコールの量も少し控え目にしながら、サプリメントを併用することでより効果が期待できますので、痛風の発作が起こる前に始めてみてはいかがでしょうか?