痛風はビールが関係しているのか?

尿酸値が高いと指摘されたり、痛風になると、ビールを飲むのを止めて焼酎に変える人がとても多いと思います。

ビールは、高尿酸血症や痛風の一番の大敵のように言われていますが、本当にそうでしょうか。

ビールをやめて焼酎にすれば大丈夫なのでしょうか?


お酒の中でもビールはプリン体が最も多い

画像の説明

ビールにはプリン体が多く含まれているのは有名な事実です。

プリン体の量はお酒の種類によって違いますが、中でもビールが最も多いのです。

ビールの次に日本酒、ワインなどの醸造酒が続き、ブランデー、ウイスキー、焼酎などの蒸留酒のほうが少なくなります。

ビールは麦芽の核酸が壊れてできたプリン体を多量に含んでいます。

製品によってプリン体量も違い、地ビールのなかには一般のビールの2倍ものプリン体を含むものもあるようです。

いっぽう、発泡酒や第三のビールは麦芽の使用量が少ないので、一般のビールよりプリン体は少なめです。

最近では「プリン体カット」を売りにした製品も出ています。
 
たしかに同じだけ飲むなら、プリン体が少ないほうが望ましいでしょう。

ただし、アルコールそのものが尿酸を増やすことに違いはないので、発泡酒だからたくさん飲んでも安心とはいえません。


プリン体が少ない焼酎でも尿酸値を上昇させる

画像の説明

ビールはプリン体が多くて尿酸値を上げるが、焼酎にはプリン体がほとんどないので、いくら飲んでも尿酸値を上げる心配はない、と思っている人もいるかもしれません。

確かに焼酎のプリン体含有量は、あらゆる種類のアルコールの中で最も少ないです。

しかし、だからといって安心して大量に飮むのは間違いです。

むしろ、最近では焼酎やウイスキーなどの蒸留酒が痛風の原因になることが示されています。

アルコールは体内に入ると代謝活動を活発化させ、プリン体を新たにつくり出して尿酸値を上昇させます。

この働きは、飲んでいるアルコールにプリン体が含まれているかどうかとは関係しません。

アルコール自体にそうした作用があるのです。

なので、アルコールは種類に関係なく、尿酸値を上昇させるということを覚えておかなくてはなりません。


適量を守って、週2日の休肝日を

尿酸値が高い人はなるべくお酒を控えたほうがよいのですが、やめられない人は量を考えて飲む必要があります。

尿酸値にあまり影響しないとされる1日の飲酒量は、ビールなら500ml、ワインなら180ml、日本酒なら1合180ml、ウイスキーやブランデーなら40度ダブル60ml、焼酎なら25度120mlです。

これらの量は、お酒好きの人にとっては物足りない量かもしれませんが、これが尿酸値に影響がでない適量というものになります。

適量を超えたアルコールの摂取は、尿酸値を上昇させることがわかっています。

なので、尿酸値が高い人はこの適量を守って飲む必要があります。

さらに、週に2日の休肝日をつくることも大切です。

アルコールを分解・処理するのは肝臓です。

毎日休むことなくアルコールを摂取していると、肝臓も悲鳴を上げてしまいます。

肝臓の働きをよくするためにも、週に2日は肝臓を休ませてあげて、疲れを回復させてあげるようにしましょう。



要するに、ビールをやめて焼酎にすれば大丈夫ということではなく、飲酒量の問題です。

500mlぐらいのビールなら問題にしなくても大丈夫です。

でも、焼酎に変えたからといって、その焼酎を多く飲んでいたのでは意味がないということです。

休肝日をとりながら、適量を飲むようにするとよいでしょう。