脂肪肝の原因に中性脂肪が関係している

脂肪肝とは

肝臓の細胞が、脂肪をため込み過ぎ、肝臓全体の30%以上の肝細胞に脂肪がたまった状態を脂肪肝といいます。
 
脂肪がたまりすぎた肝臓は、本来の働きができなくなり、代謝や解毒を十分に行うことができなくなります。

そうなると、日常的にだるさや疲労を感じたり、便秘や吐き気なども起こります。

ただ、肝臓の病気は自覚症状があらわれないものが多く、脂肪肝も、健康診断や人間ドックなどの血液検査でγーGTPが高いなどでわかるケースがほとんどです。

画像の説明

脂肪肝の主な原因

脂肪肝の原因はさまざまですが、最も多いのは肥満とアルコールです。

余分な脂肪が肝臓にたまる原因は、食生活にあるのです。

食事によって体内にとり込まれたり、肝臓で合成された中性脂肪は、リポタンパクというかたちで血液に溶け込み、体内のいろいろな器官に運ばれていきます。

しかし、中性脂肪が増えすぎて、肝臓の処理能力を超えてしまうほど多くなると、処理しきれない中性脂肪は肝臓の細胞にとどまり、だんだん蓄積されてしまうのです。
 
中性脂肪は、食べ物の脂肪だけでなく、ごはんやパン、めん類などの糖質や、アルコールなどからも合成されます。

動物性脂肪の多い食べ物のほか、カロリーの高い食事、お酒の飲み過ぎなども原因になります。

お酒が原因の場合は、アルコール性脂肪肝と診断されます。

いずれも、中性脂肪のとりすぎが関係しているのです。


脂肪肝と診断されたら

脂肪肝そのものはそれほど怖い病気ではありません。

脂肪肝は、肝臓の機能を低下させ、ほうっておくと肝硬変(かんこうへん)になるリスクがあります。

肝臓が肝硬変の状態になると、肝臓の細胞が変性して、代謝や解毒、消化液の分泌など肝臓本来の働きをしなくなり、肝臓全体が小さく硬くなってしまいます。

また、肝硬変から肝臓がんに至るケースもあります。

ですから、脂肪肝と診断されたら、すぐに治療を始めなければなりません。

また、脂肪肝と診断されたということは、ほかの生活習慣病にかかる危険性も高いということです。

もしくはすでに、その予備群になっているかもしれません。

脂肪肝と診断されたら、食事と運動を中心に生活習慣を見直して、改善するようにしましょう。