超悪玉コレステロールを改善するには

中性脂肪値が高い人は、超悪玉コレステロールが多い可能性があります。

このような人は、ご飯やパン、麺類などの炭水化物を多くとり、甘いお菓子やジュース類を好む人が多いのです。

中性脂肪が増えるとLDLが小型化され、「超悪玉」へと変わっていきます。
 
まずは中性脂肪を減らすことが大事です。

お腹の脂肪がとれれば、それにつれて小型LDLの粒が大きくなり、危険度が減ってゆくのです。


中性脂肪が高い人はこんな人

画像の説明

中性脂肪が高い人は見た目にもぽっこりお腹が出ています。

男性に多いのですが、腰まわりにはあまり脂肪がついておらず、お腹だけがぽっこり出た「りんご型」といわれる内臓肥満タイプの人。
 
このような人は、超悪玉コレステロールが多くあります。

また、血糖や血圧の数値も上がりやすいです。

女性に多い洋なし型の体型は皮下脂肪は多いものの、内臓脂肪はそれほど多くないので、意外と超悪エコレステロールは少ないものです。


超悪玉コレステロールを予防・改善するにはどうしたらいいのか?

まず、中性脂肪を減らす食事をすることです。

三度の食事をきちんととり、間食や夜食をとらず、お菓子やお酒のとりすぎも避けます。
 
中性脂肪が多い人は野菜をとる量が少なく、栄養バランスが偏っています。

食物繊維の多い食品をとりましょう。

野菜やきのこ類、海藻類をよくとるといいです。
 
また、青背の魚に多いDHAやEPAなどの脂は、超悪玉コレステロールを減らす効果があります。
 
大豆食品を多くとることもおすすめです。

大豆に含まれる大豆タンパクには、血液中の余分なコレステロールを減らしたり、余分な中性脂肪を排出する働きがあります。

超悪玉コレステロールを減らすことにもたいへん役立ちます。

そして、食事の改善だけでなく運動をすることも大切です。

運動と聞くと、めんどくさいと思う人もいるかもしれませんが、日常生活の中で「よく歩く」ということを心がけるだけでも違います。

近所に買い物に行く場合に、今までは車や自転車などで行っていたのを歩いてみるとか、エレベーターやエスカレターを使わずに階段を使ってみるとか、ちょっとしたことから歩くということを意識してみてください。